*

NVC 喪失のプロセス

   

人生にはさまざまな喪失があります。

大きな喪失では、身近な人、健康、仕事、人間関係の喪失など
そして、日々感じるちいさな喪失、計画、体調、アイデアの喪失など

NVCをベースにした喪失のプロセスでは、喪失の中にある嘆きを感じ、
その中にある大切なものにそっと触れ、味わいを深めていきます。

pinkflower
photo credit: Marie Berne via photopin cc

喪失した何かについて嘆くのは、そこには、
なんだかしらの愛があったからではないでしょうか。

ケアの気持ちがなければ深く嘆くこともないでしょう。

そこにあった愛としばらく共にいて味わってみると。。。
それはあなたの人生にどんなギフトをもたらしたのでしょうか?

その喪失の中にあった美しいもの、満たされていたニーズを
語り、ただ静かに受け取って聴いてもらう。

失われた存在の中で、あなたが好きだったこと、
かけがえのない素敵だったと思うことに触れてみましょう。

そして、自分の想いを表現する。

その「喪失」に対して、自分が言えなかったこと、
言いたかったことをすべて表現する。
言葉が自由にただ出るのに任せます。

※このプロセスはNVCのIIT(国際集中訓練合宿)で
マリエッタがガイドしてくれたものの一部です。

 

私が「嘆き」を大切だと思うのは…

3年前に在宅で身内を看取りました。

葬儀の直後から色々なことでばたばたして、
アメリカに引越ししなくてはならない事情があり
大急ぎで荷物を整理・処分しての引っ越し。

今振り返ってもあの時は、嘆き悲しむよりも
片付けのしんどさや、そのことで起こった対立
などが、痛々しく思いだされます。

その後もその話になると、なぜか重たい気持ちになり、
自分が責められているような感覚を覚えました。

それを否定するかのように
「あれはあれで良かったじゃない!」
と主張していました。

でも、心のどこかで「もっとできたこと」や
「あんな態度とらなきゃよかった」などの
後悔の気持ちをかき消していたように思います。

それから3年が、NVCのプロセスを通して、
心の奥にある悼みや嘆きをすこしずつ、薄皮を剥ぐように
とても安全な場で、聴き合える場に本当に救われました。

「安心して嘆ける場」

それがあったおかげで、私は自分や相手を責め続ける
気持ちから解放され、どんな感情もただ起こることを許し
人生の美しさを味わうことにつながっています。

世の中には、もっともっと、こういう場が
必要だなぁとあらためて感じました。

また、個人セッションや日本に帰った時に、
喪失のワークをシェアしたいと思います。

 -NVCプロセス, 癒し

  関連記事

facialEmpathy

自分の顔に共感するワーク

顔の筋肉はすべての感情につながっている   顔の筋肉は、感情のシャドーとも呼ばれていて 顔

birds

共感的に受け取る

「共感」それは言葉ではなく、そこにあるスペース・つながり。 ただ静かに寄りそい、そこに存在する。 そ

メタファーを使って身体に共感

胃のあたりが固い感じ。 何か緊張しているような 怖がっているような感覚がある。   何を怖がっている

lazycat

自分嫌い嫌い病

3/14 今日はとってもさみしくて、悲しくて、むなしくて どうしようもない日だった。 自分なりに自己

lovers

個人セッションの感想:その1「魂の道を歩くことが 存在にとっての最大の奉仕である」

「魂の道を歩くことが 存在にとっての最大の奉仕である」 なんて、素敵な言葉だろうと感じながら その扉

face

体で感じる感覚からニーズを味わう

今日のマウイのNVC実践会では、新たな試みとして、サラ・ペイトンから学んだ体の動きや感覚を取り入れた

ジム&ジョリが今年も日本にやってくる!

マウイの陽気なトレーナー、ジム&ジョリが今年も日本にやってきます♪ 対立を解決に導く9つの コミュニ

mirror

関係性のスピリチュアリティとしてのNVC

【関係性のスピリチュアリティとしてのNVCの実践】 パートナーに共感するのが最も難しい時。。。 それ

chick

深い癒しのプロセス

深い癒しのプロセス。。。 過去の出来事の中に、 そこで止まってしまって 固まってしまったまま、 忘れ

catchball

つながりを深めるためにできること

「つながりリクエスト」というは、 相手との心の距離を縮めるためのリクエストです。 自分が今、どんなこ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

学校長から保護者への手紙

シンガポールの学校長が試験の前に生徒の保護者にこの手紙を送ったそうです。本当かどうかは分かりませんが

自分の中の色々な人格のニーズ

自分の内側には色んな人格がいます 怒る人 裁く人 落ち込む人 喜びのダンスを踊る人 冒険する人 中に

感謝を表現する

人は本来、誰かの役に立ちたいと願っています。 もっと感謝したい、感謝されたい。 自分のしたことが、相

constellation
リレーションシップ・コンステレーション

全ての人は、関係性(リレーションシップ)の 配置(コンステレーション)を持っています 自分自身との関

face
聖なる誓い(契約)

私がよく個人セッションで使う「聖なる誓い」というワークがあります。 無意識のうちに取り入れてしまった