*

関係性のスピリチュアリティとしてのNVC

      2016/11/14

【関係性のスピリチュアリティとしてのNVCの実践】

パートナーに共感するのが最も難しい時。。。

それはきっと自分の癒されていない傷に
触れているのだと思う。

深いところにある満たされていない欲求。

子供の頃に満たされなかったことで
悲しい思いを置きざりにしてきたものが
パートナーとの関係で刺激された時、

自分でもびっくりするような強い反応が出る。

他の人には腹の立たないことでも、
パートナーにされると、なぜか爆発しそうになる。

そんな時には、もちろん自己共感が必要だし
できれば、その置きざりにされた自分の中の
小さな人に共感してあげられたらいいのだけど。。。

関係性のスピリチュアリティという視点から、
もうちょっと、見てみると、ひょっとしたら
相手が鏡となって、見せてくれている
自分がそこにいるのかもしれない。

自分では気がつけないような自分の声が
相手を通して映し出されているとしたら、
それはどんな声だろう。。。

そんな視点から相手の心の声を振り返ってみる。。。

ここに表現されている「怒り」は
ひょっとしたら、私自身が抑圧しているものではないかしら?

そこにはどんなニーズがあるの?
そこには自分自身が気がついていないニーズがあるのかも。。。

そんな風にパートナーの声を
スピリチュアルな実践として、
ちょっと角度を変えて聴いてみる。。。

mirror

それは、例えば、こんな感じ。。

彼は何であんなこと言ってたんだろう。

怒っているような声と表情。
イライラしてる? それとも圧倒されている?

自分の努力を見て欲しいみたいだな。。。

言葉の中に私自身が映し出されているとしたら
どんな気持ちかしら?

 

こんな風に、
相手の言葉がまるで自分の内なる声だと
思って聴いてみる。

自分の一部がまるで自分自身に言っているかのように感じてみる。

そうすると、

ああ、そうだ。
これは私、自身の声。。。

自分自身が、自分の努力を認めていないんだ。
それで悲しんでるんだ。

こんな自分の声が相手の中に
映し出されたものとして見えてくるかもしれない。

そこから受け取った感情とニーズを
じっくり味わいながら自己共感してみる。

すると不思議と、さっきまで全く
共感する気が起きなかった相手が
まったく違う風に見えたりする。

試してみてね。

 

人間関係の中で起こる服従の渦から脱却するNVC
オンライン講座始まります。
http://www.reservestock.jp/events/153558

 -NVCで仲直り, NVCプロセス

  関連記事

facialEmpathy

自分の顔に共感するワーク

顔の筋肉はすべての感情につながっている   顔の筋肉は、感情のシャドーとも呼ばれていて 顔

face

体で感じる感覚からニーズを味わう

今日のマウイのNVC実践会では、新たな試みとして、サラ・ペイトンから学んだ体の動きや感覚を取り入れた

pinkflower

NVC 喪失のプロセス

人生にはさまざまな喪失があります。 大きな喪失では、身近な人、健康、仕事、人間関係の喪失など そして

birds

共感的に受け取る

「共感」それは言葉ではなく、そこにあるスペース・つながり。 ただ静かに寄りそい、そこに存在する。 そ

catchball

つながりを深めるためにできること

「つながりリクエスト」というは、 相手との心の距離を縮めるためのリクエストです。 自分が今、どんなこ

jackal

NVC 承認欲求から自由になるプロセス

NVCのIIT(国際集中訓練合宿)キャサリンのレクチャーより NVCのニーズの中でも、他の人の振る舞

momiji

ケンカにならないコツ♪

NVCを学んでいるにもかかわらず結構ケンカが絶えない我が家(汗 相手と自分の意見が合わない時、なんの

罪悪感ではなく、大切にしたい気持ちから謝ること

自分がしてしまったことで、振り返ると、 「あ~あ、あんなこと言わなければよかったなぁ~」 と思うよう

感謝を表現する

人は本来、誰かの役に立ちたいと願っています。 もっと感謝したい、感謝されたい。 自分のしたことが、相

自分の悲しみを相手に聴いてもらうには?

とてもショックなことがあって、胸が痛い。 どうやって咀嚼していいかわからない。   そんな

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

学校長から保護者への手紙

シンガポールの学校長が試験の前に生徒の保護者にこの手紙を送ったそうです。本当かどうかは分かりませんが

自分の中の色々な人格のニーズ

自分の内側には色んな人格がいます 怒る人 裁く人 落ち込む人 喜びのダンスを踊る人 冒険する人 中に

感謝を表現する

人は本来、誰かの役に立ちたいと願っています。 もっと感謝したい、感謝されたい。 自分のしたことが、相

constellation
リレーションシップ・コンステレーション

全ての人は、関係性(リレーションシップ)の 配置(コンステレーション)を持っています 自分自身との関

face
聖なる誓い(契約)

私がよく個人セッションで使う「聖なる誓い」というワークがあります。 無意識のうちに取り入れてしまった