*

自分の中の色々な人格のニーズ

   

自分の内側には色んな人格がいます

怒る人

裁く人

落ち込む人

喜びのダンスを踊る人

冒険する人

中には、あまり好きになれない人格もいて
その人が出てこないように隠したり
嫌ったりしてしまう。。。

自分な中にどんな人がいるか、
カードのイメージを見ながら探してみると、
結構自分に当てはまるカードが出てくる

どんな人格も、
自分にとって大切なニーズを満たそうとしている、
としたら、そこにはどんなニーズがあるのだろう。。。?

私の中の「夜更かしする人」
目の下にクマ、
目覚ましのコーヒーを飲みながら
ぼーっとしていて、
お部屋はかなり散らかっているぞ。

この人はどんなニーズを大事にしていたのかしら?
と、ニーズカードを選んでみる。

自分な中のあまり好きではない部分に
共感するのは難しかったりするけど

こんな風にカードを見ながら、
大きな自己(ビッグセルフ)として
自分の中の色んな人格のニーズに
共感してみる。

どんな人がそこにいたとしても
そこには大切なニーズがあって
その人がいるんだなぁ。。。って
しみじみと見えてくる。。。

ビッグセルフがどんなリトルセルフも
自分の中に受け入れ抱擁している。

まるでルミの詩
ゲストルームのように

『ゲストハウス』

人間という存在は、みなゲストハウス
毎朝、新しい客がやって来る

喜び、憂鬱、卑しさ、そして一瞬の気づきも
思いがけない訪問者としてやって来る

訪れるものすべてを歓迎し、もてなしなさい

たとえ、それが悲しみの一団だとしても
できるかぎり立派なもてなしをしなさい
たとえ、それが家具のない家を荒々しく駆け抜けたとしても
もしかすると訪問者は、あなたの気分を一新し
新しい喜びが入って来られるようにしているのかもしれない

暗い気持ちや、ごまかし、ときには悪意がやって来ても
扉のところで笑いながら出迎え、中へと招き入れなさい

どんなものがやって来ても、感謝しなさい
どれも、はるか彼方から案内人として
あなたの人生へと、送られてきたのだから

ルーミー

__________________________________________

The Guest House

This being human is a guest house.
Every morning a new arrival.

A joy, a depression, a meanness,
some momentary awareness comes
as an unexpected visitor.

Welcome and entertain them all!
Even if they are a crowd of sorrows,
who violently sweep your house
empty of its furniture,
still, treat each guest honorably.
He may be clearing you out
for some new delight.

The dark thought, the shame, the malice.
meet them at the door laughing and invite them in.

Be grateful for whatever comes.
because each has been sent
as a guide from beyond.

Jelaluddin Rumi

 -未分類

  関連記事

marugiraffe

ミディエーション道場 9つのスキル

ジム&ジョリから直接学ぶミディエーション合宿 2015年 10月7~12日 東京にて 詳細はこちら

学校長から保護者への手紙

シンガポールの学校長が試験の前に生徒の保護者にこの手紙を送ったそうです。本当かどうかは分かりませんが

brainRL

NVCと脳の関係

NVCと脳の関係 脳科学とNVCの関係を一週間のがっつりサラ・ペイトンから学んできました♪ 実はこの

face

体で感じる感覚からニーズを味わう

今日のマウイのNVC実践会では、新たな試みとして、サラ・ペイトンから学んだ体の動きや感覚を取り入れた

ジム&ジョリが今年も日本にやってくる!

マウイの陽気なトレーナー、ジム&ジョリが今年も日本にやってきます♪ 対立を解決に導く9つの コミュニ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

学校長から保護者への手紙

シンガポールの学校長が試験の前に生徒の保護者にこの手紙を送ったそうです。本当かどうかは分かりませんが

自分の中の色々な人格のニーズ

自分の内側には色んな人格がいます 怒る人 裁く人 落ち込む人 喜びのダンスを踊る人 冒険する人 中に

感謝を表現する

人は本来、誰かの役に立ちたいと願っています。 もっと感謝したい、感謝されたい。 自分のしたことが、相

constellation
リレーションシップ・コンステレーション

全ての人は、関係性(リレーションシップ)の 配置(コンステレーション)を持っています 自分自身との関

face
聖なる誓い(契約)

私がよく個人セッションで使う「聖なる誓い」というワークがあります。 無意識のうちに取り入れてしまった