私のお腹は赤子のように安らぐ

私のお腹は、いのちのエネルギーを敏感に感じ取っている。

非言語的には、何らかの空間的構造として把握しているのだけど、

NVCを使うと、言語を使ってその構造を紐解いていくことができる。

エネルギーの詰まりや、流れの滞り、

その空間的構造を、

複式呼吸と共に、

言葉で言い表してみる。

感情は、

英語でemotionだけど、

文字通り、エネルギー(energy)の動き(motion)。

「悲しい」

「落ち着かない」

「気持ちが悪い」

(日本語の「気(エネルギー)」にまつわる表現は的確だ!)

お腹が敏感に感じ取るエネルギーの在り様を、

的確に感情の言葉で言い表すことができると、

エネルギーが動くのがわかる。

いのちが息を吹き返す。

エネルギーが動くと、深いため息が漏れ、身体にも相応の変化が起こる。

ここ迄は、3次元的な物理次元のエネルギー構造だが、

感情の背後には、ニーズという、イデアの次元に通じるエネルギー構造がある。

イデアの次元というのは、時間軸にはない永遠の次元。

「お互い様(全てが関係しあっている)」

「愛」

「豊かさ」

満たされている /満たされていない

欠乏/充足

という二元性は、実は純粋なイデアの次元にはない。

ノンデュアリティ(非二元)の気づきは、

所属や安全などの基本的なニーズをも、

永遠の次元での直接的経験とする。

この永遠の宇宙に所属しているという直接的経験としての私。

この永遠の宇宙より他に、安全な場所はあるだろうか?

そして、完璧さは、未知としての「今」に永遠に在る。

この完璧さへの信頼が訪れる時、私のお腹は赤子のように安らぐのだ。