苦しみの根元を断つ

根元的な変容を望んでいる。

世界や私の根底が崩壊するような、根元的な変容。

苦しみが原理的に不可能になるような、

そんな根元的な変容。

平和を望んでいる?

調和を望んでいる?

それとも、望んでいるのは幸福だろうか?

多くの人と出会い、

様々な出来事が通り過ぎて行く、

そのまさに現れが、

不動なそれに、

優しく溶け込んでいく、

そんな根元的な変容。

私とは誰か?

そもそも私など一度たりとも存在しただろうか?

世界とは何か?

そもそも世界など一度たりとも存在しただろうか?

不動なそれが、

ただただ腹を据えて、

すべての苦しみを溶かす慈悲の如く在る、

そんな根元的な変容。